HIKARI

WORKS

おもいをカタチに

​有限会社 光工作所

〒 577 -- 0055 大阪府東大阪市長栄寺1421

TEL:06 -- 6781 -- 4621   FAX:06 -- 6781 -- 4627

EMAIL:hikari-kss@snow.ocn.ne.jp

URL:www.hikari-kss.com

Copyright © 2016 HIKARI WORKS. All Rights Reserved.
1/5

金型製作の種類

Mold production
Craftsmanship

​木型でのアルミ鋳造品製作

職人が心を込めて作成した木型でアルミ鋳造し金型を作成します。

アルミニウムを溶かして、砂等で作成した鋳型に流し込んで冷やして固める造形方法です。

高温で溶けた金属を流し込む鋳型の中には、完成品と同型の空間をつくる必要があり、そのために使われるのが鋳造木型です。
溶かして流し込みを行うことで、複雑な形・模様を作ることができ高精度、高能率の鋳物ができます。

 

Machining Center

マシニングセンター機による製作

3次元ソフトで図面の作成、立体化したデーターを用いてマシニングセンター機でアルミ合金板を切削加工し金型を作成します。

数種類の切削加工を同じ場所で行うことができる工作機械です。フライス盤をコンピューター制御した構造がよく使われています。

立型・横型・5軸制御などの種類があり、それぞれの特異性にあわせて使用し、NC旋盤と同様、工具やテーブルの移動、主軸の回転停止、工具交換などをプログラムにより制御できます。

NC Machining

NC加工機によるアルミ鋳造品

​3次元ソフトで図面を作成しコンピューターで図面・立体化しNC加工機を用いて木型を作成します。
その木型を砂に埋め、型を取りアルミを流し込み研磨で磨いて完成です。

プログラムを準備して、工具やワークの段取りさえ終えれば加工が早く量産加工に適した工作機械です。

また2軸以上を同時に動かすことができるため、円弧などの曲面や複雑な形状の加工が得意な工作機械 です。